TOPページ > 基礎知識 > 他の乳酸菌とは少し違うビフィズス菌とは?

他の乳酸菌とは少し違う!?ビフィズス菌のはたらき・効果とは?

乳酸菌ビフィズス菌も、腸内に存在している善玉菌の一種で、別物のように考えられることも多いのですが、実はビフィズス菌も乳酸菌の1種です
乳酸菌は乳酸を生み出す細菌の中で、体によい働きをする菌に対する名称で、生物学上の分類には属しません。一方、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を産生する細菌で、生物学上の分類ではビフィドバクテリウムに属すものを指します。

一般的に、乳酸菌は食べ物を腐らせずに、乳酸を作り出す働きがあるといわれている細菌ですが、ビフィズス菌は、乳酸・酢酸を作り出す働きがあります。
このように、ビフィズス菌には、他の乳酸菌とは異なった働きがあるため、少し別物のように扱われることがあるのです。

では、このビフィズス菌がどのようなものかというと、乳酸菌の一般的な働きといわれている作用と同様、ビフィズス菌もまた、腸内環境を整えて、悪玉菌を抑制、免疫機能のバランスを整える働きを持っています。

ビフィズス菌の特徴としてあげられるのが、ビフィズス菌は、母乳で育つ赤ちゃんの腸内に、一番最初に住み着く腸内細菌で、生まれてきたばかりの赤ちゃんのデリケートなお腹をしっかりと守る役割を果たすということです。ちなみにこれは、研究によっても明らかになっているのですが、母乳ではなく人工のミルクなどで育った赤ちゃんの場合、腸内のビフィズス菌の数が少なく、アレルギーなどを発症しやすいという研究報告もなされているそうです。

その他にも、最近の乳酸菌の研究により、ビフィズス菌が、特に花粉症に効果的であることが判明しました。

ただし、ひとつ注意しなければいけない点があります。
それは、ビフィズス菌は、酸素を嫌うので、酸素に触れてしまうと、その数が減少してしまうということです。ですので、ビフィズス菌の含まれているヨーグルトなどは、開封後は早めに食べることが大切です。また、ビフィズス菌は、オリゴ糖をエサにしているので、ヨーグルトなどを食べるときにオリゴ糖をプラスすると、ビフィズス菌の効果を倍増させることが出来ます。

ビフィズス菌を効果的に摂取するには、サプリメント用いるをこともお勧めです。
私は、ビフィズス菌とオリゴ糖が配合されている森下仁丹 ビフィーナS を使用しました。整腸効果が高く便秘改善効果をしっかりと実感することができました。

乳酸菌特集記事
タイプで選ぶ乳酸菌サプリ
販売実績で選ぶなら!
久光製薬
乳酸菌EC-12

1400万袋の販売実績を持つ人気すぎる乳酸菌サプリ!オリゴ糖とのダブルパワーですっきりサポート

新谷乳酸菌
ラクトバチルス

医学博士監修のロングセラーb乳酸菌サプリメント。豊富な食物繊維配合も人気のポイント◎


乳酸菌革命

乳酸菌の種類の豊富さが人気の秘訣!改良を重ねて、現在はなんと3代目乳酸菌革命までパワーアップ♪

初回のオトクさで選ぶなら!

生命の乳酸菌

初回限定500円で購入できる格安プライス!2回目からは2970円だけどやっぱり平均するとお買い得◎


乙女の乳酸菌

1ヶ月100名限定の特別なモニターコース30日分1,000円でお試しできちゃいます◎

新谷乳酸菌
ラクトバチルス

医学博士開発の乳酸菌サプリお試しは一日66.6円で話題の乳酸菌サプリがお試し出来ます!

乳酸菌ダイエットをするなら!

乙女の乳酸菌

ダイエットに欠かせない乳酸菌と酵素のダブルパワーで健康的な痩せ体質をサポートします!


カゴメ ラブレ

ぽっこりお腹対策に効果的なラブレ菌だけを配合した人気のサプリメントです◎

森永製菓すっきり
乳酸菌ファイバー

ぽっこり対策として有名なラクトフェリンやめぐり対策成分シトルリンを配合した乳酸菌サプリ