TOPページ > 基礎知識 > 機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違い

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違い

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違いを見ていきましょう。

■特定保健用食品(トクホ)の特徴

○トクホのマークがある
表示可能な項目
・栄養成分の含有表示可能
・特定の保健用途の表示ができる(例:お腹の調子を整えますなど)
・疾病リスク低減表示ができる(例:コレステロールの吸収を抑える働きがありますなど)
(その他「糖の吸収を緩やかにする」「血糖値の気になる方に適している」「体脂肪が気になる方に適している」「丈夫な骨を作るのに適している」なども記載できます)

○審査…消費者庁が審査、許可した内容ではじめて表示可能になる。

■機能性表示食品特徴

○マークはありませんが商品のパッケージに「機能性表示食品」と明記します
表示可能な項目
・栄養成分の含有表示可能
・機能性関与成分の機能性が表示できる(例:疲労回復をサポートする などの見込みなど)

「健康を維持する」「働きをサポートする」「調整する」などの言葉が使用される。「高い、低い、低下、上昇」などの程度を示す表現や意図的な健康増強を標榜する表現はできません。 ○審査…消費者庁が定めたガイドラインに沿って、商品での臨床試験、もしくは成分に関するシステマティックレビュー(研究論文などを総合的に評価して分析する手法)を行い、その結果が基準に達していれば機能性表示が可能となります。

このように、トクホの表示取得には、莫大な費用と時間がかかってしまうことが問題視されてきました。新制度では、食品や機能性関与成分に関する研究論文の分 析結果(システマティックレビュー)があれば良いので、企業の負担は少なくなるとされています。また、機能性表示食品とトクホマークの両方を商品に記載す ることはできませんが、トクホの関与成分が入った商品に機能性表示をすることは可能であるため、よりコストの少ない機能性表示を選ぶ企業が増えるかもしれ ません。

しかし、機能性表示食品と明記するには、製品販売の60日前までに消費者庁に機能性関与成分の働 きや安全性、有効量などについて厳格に提出しておくことが求められている他、提出した情報を企業はホームページなどで消費者にわかりやすく開示することも 必要です。機能性表示食品と表示するのはトクホと同等のハードルがある、という声も少なくありません

乳酸菌特集記事
タイプで選ぶ乳酸菌サプリ
販売実績で選ぶなら!
久光製薬
乳酸菌EC-12

1400万袋の販売実績を持つ人気すぎる乳酸菌サプリ!オリゴ糖とのダブルパワーですっきりサポート

新谷乳酸菌
ラクトバチルス

医学博士監修のロングセラーb乳酸菌サプリメント。豊富な食物繊維配合も人気のポイント◎


乳酸菌革命

乳酸菌の種類の豊富さが人気の秘訣!改良を重ねて、現在はなんと3代目乳酸菌革命までパワーアップ♪

初回のオトクさで選ぶなら!

生命の乳酸菌

初回限定500円で購入できる格安プライス!2回目からは2970円だけどやっぱり平均するとお買い得◎


乙女の乳酸菌

1ヶ月100名限定の特別なモニターコース30日分1,000円でお試しできちゃいます◎

新谷乳酸菌
ラクトバチルス

医学博士開発の乳酸菌サプリお試しは一日66.6円で話題の乳酸菌サプリがお試し出来ます!

乳酸菌ダイエットをするなら!

乙女の乳酸菌

ダイエットに欠かせない乳酸菌と酵素のダブルパワーで健康的な痩せ体質をサポートします!


カゴメ ラブレ

ぽっこりお腹対策に効果的なラブレ菌だけを配合した人気のサプリメントです◎

森永製菓すっきり
乳酸菌ファイバー

ぽっこり対策として有名なラクトフェリンやめぐり対策成分シトルリンを配合した乳酸菌サプリ